comment 0

あの頃のぼくに未来の日本代表にはACミランで10番だった選手がいるよと言ったらどんな顔するだろう。

サッカー日本代表がワールドカップ本戦への出場を決めた。本当に素晴らしいことだと思う。自宅で観戦していたが居ても立ってもいられなくて立ちながら応援していた。正確に言うならばノンアルコールビールを片手に立ちながら応援していた。6大会連続出場だと聞いて、とても感慨深い気持ちになった。

小学校1年生からサッカーをしていた僕は、それこそ30年くらい前から日本代表の試合を見ていて、西が丘競技場で横山ジャパンがインドネシアを相手に5-0で大勝した試合や、北朝鮮戦での水沼貴史のボレーシュートに感動していた世代なのだが、あの頃は日本代表がワールドカップに出場するなんて夢のまた夢だと思っていた。そりゃそうだ。86年メキシコワールドカップのあのマラドーナを見てしまったら、誰もがそう思うはずだ。住んでいる世界が違う。

そんな僕の思いを良い意味で裏切るように日本代表は急速に強くなっていった。カズ、ラモスのプレーは未来への希望だった。ヴァスコ・ダ・ガマとトットナム・ホットスパーを招待した1991年のキリンカップでは優勝。翌年のダイナスティカップでも優勝し・・・・・ここまで書いて、日本代表の歴史を振り返るにはあまりにも膨大な記述が必要な事に気づいた。

今の日本代表の右サイドバックはマルセイユで、左サイドバックはインテル。トップは1FCケルンで、キャプテンはフランクフルト。ベンチにはACミランで10番だった男がいるんだよって、小学校の時の僕に教えてあげたら爆笑すること間違いなしだ。マンガじゃないんだからって。

なんだかんだで日本代表が一番好きなチームだ。それは今後も変わらない。僕が死ぬまでにワールドカップで優勝する瞬間を見ることができたら最高なんだけどな。

※ 写真は1989年ダイエーカップ国際少年サッカー大会の決勝戦、高島平サッカークラブ vs 清水フットボールクラブにおいてシュートを思いっきり外した後の僕。VHSの映像からキャプチャのためめちゃくちゃ粗い。

コメントを残す