comment 0

ラジオは壊れかけのメディアなんかじゃなく、SNS時代にこそ最適なメディアなのではないか。と書こうと思ったら星野源のことばかり書いてしまったブログがこちらです。

最近、ラジオを聴くようになった。高校時代に岸谷五朗さんの「東京レディオクラブ」なんかを聴いていた記憶がかすかにあるが、20代、30代前半くらいまではもしかしたら一度も聴いてないのではないか、というくらいラジオとは距離が遠かった。

ふとした機会に会社の同僚が TBS ラジオの「安住紳一郎の日曜天国」を愛聴していると聞いて、「ほほ〜ラジオねぇ」と思い、公式サイトにアクセスしてみると、過去の放送のダイジェストが MP3 でおかれていたので、オススメの回を教えてもらって聴いてみた。一瞬でハマった。そりゃそうだ、「安住紳一郎の日曜天国」は日曜昼間という時間帯にも関わらず、ラジオ番組の中でも2番目くらいに聴取率が高いお化け番組らしい。そりゃ面白いわけだ。

そんなこんなで始まった僕のラジオライフに追い風が吹いた。radiko の登場だ。革命が起こった。一週間分のラジオ番組のアーカイブをスマホで聞けるようになったのだ。おかげで、平日の昼に放送している「たまむすび」や、深夜に放送している一連のオールナイトニッポンなど、さまざまな番組を楽しんで聞いている。

ラジオの良いところは「ながら聴き」ができることだ。視覚と聴覚を奪われる TV はずっと TV の前に張り付いていないといけない。一方でラジオなら掃除をしながらだったり、お風呂に入りながら聴く事だってできる。一番近くにある音声メディアなわけだ。

こうしていくつかのラジオ番組を聴くようになってふと気づいたことがあった。それは、いつも聴いているラジオの人が TV に出てると不思議と親近感が湧くのだ。安住さんが TV に出ていると「おっ、安住氏、マジメな顔して頑張ってるな」なんて思う。ラジオが自宅で、TV が仕事場のような、そんな感覚になるのである。

そういえば、福山雅治さんはオールナイトニッポンで下ネタを言いまくることで有名だった。芝居ができて、桜坂を歌って、小雪が好きな日本随一の男前が、ラジオでは下ネタを言う。そうすると男性のファンが増える。同性から好かれる男はさらにモテる。相乗効果だ。

下ネタといえば、星野源もそうだ。ラジオで下ネタばっかり言っている。あえて星野源だけ呼び捨てにしているのは、若干ムカついているからだ。この人も芝居はもちろん、歌もエッセイもなんでもござれのマルチプレイヤーだ。さらに付け加えると、書いている曲が名曲すぎる。深夜の東北自動車道で、星野源の「くだらないの中に」という曲を聞きながら思わず泣きそうになったこともある。必死でこらえた。

星野源のエッセイも数冊読んだが、ウィットに富んでいて悔しいくらいに面白い。さらにはガッキーとキスをして、うどんを食べているだけなのに、目の前で吉岡美穂がキツネ姿で目をうるうるしている。間違えた、吉岡里帆だ。吉岡美穂は IZAM の奥さんだった。そしてくも膜下出血から復活をしたというエピソードまでもっている。どん底から這い上がった男は強い。本当に生きていてくれてよかった。生きててくれてありがとう。

結局のところ、僕は星野源になりたいだけなのかもしれない。完全に話の着地点を見失った。まぁ、いいや。これからは音声メディアが来るんじゃないかな。たぶんそんな気がする。

最後に、「安住紳一郎の日曜天国」のテーマソングで踊る娘の動画を貼っておきます。こういうの何ていうか知ってますか?そうです、親バカです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください