comment 0

ピップエレキバン的な文章

ちゃんとしなくちゃいけないと思うと行動が制限される。誰かの迷惑になったりしないかなとか、そもそも面白いのだろうか、なんて事を考えると文章なんて書けたもんじゃない。だからこの文章はそのコリみたいなものをほぐすための雑文です。ピップエレキバン的な文章ってことです。ピップエレキバンって効くのでしょうか。

文章を書くこと自体は嫌いではないのだけれど、書かなくてはいけないみたいな状況はとても苦手なのでいわゆるライター的な仕事をしている人をとても尊敬する。いい文章を読むとある日ふとした時にそれを思い出す時がある。歯磨きをしていたり、電車で吊革につかまっている時だったり。いきなり何の訪れもないまま思い出される文章はなんとなくいい文章なんだろうと思う。

全然話は変わるのだが、近所に「ひじかた眼科」という病院がある。肘や肩の調子が悪い人が間違って入ってこないかとても心配だ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください