comments 10

デニス・ロー

ウイニングイレブン8というゲームは選手の能力を数値で表しています。
例えばシュート精度だとロナウドが99、スタミナだとネドヴェドが98で一番みたいに。
そんな中、シュートテクニックとヘディングが全選手の中で一番の値を持っている選手を発見しました。
名前は「デニス・ロー」。僕、正直知りませんでした。どんな選手か早速調べてみることに。
イヤーインタネトテベンリダナア。 そして 名選手伝説 というサイトを発見。
デニス・ローはなんとスコットランドのプレイヤーでした。どんな選手だったんだろう・・・

————————————
ローの体格は175センチ71キロしかなかったが、アクロバティックなシュートの達人で、彼より大柄でもとても届きそうにないボールを頻繁にゴールに叩き込んだ。オーバーヘッドなど朝飯前で、単調なヘディングですら彼がやると絵になった。思いきりジャンプし、細身の体を折り曲げ、勢いよく頭を振りぬく。人は彼のヘディングを「ジャックナイフ」と名づけた。
————————————
とあります。すげー選手だ。この文章だけでモーフンですよ。そりゃシュートテクニック一番にはなるわな。
でももっとモーフンしたのが以下の部分。
————————————
オランダのいちファンは彼に憧れ、彼の国では女の子の名前であるにもかかわらず、息子に「デニス」とつける魅力に逆らえなかった。
————————————
サッカー好きのあなたなら、もうお分かりですね。
そう、デニス・ベルカンプのことです。
というわけで、ベルカンプの鬼のようなキープ力をごらんあれ。

10 Comments

  1. ベルカンプ美技ビギ。
    gloverさんに触発され、いつか紹介したいと思っていたページを紹介。
    ベルカンプの変態プレー(オランダあたりのページ)
    ここにベルカンプのスゴイ動画がいくつも置いてあった。
    彼はなんですか?鬼のようなキープ力、正確なシュート、ゴール前でのあの落ち着き様は?…

  2. ベルカンプ美技ビギ。
    gloverさんに触発され、いつか紹介したいと思っていたページを紹介。
    ベルカンプの変態プレー(オランダあたりのページ)
    ここにベルカンプのスゴイ動画がいくつも置いてあった。
    彼はなんですか?鬼のようなキープ力、正確なシュート、ゴール前でのあの落ち着き様は?…

  3. nanzuka

    今度は負けねえよ。ちなみに、マスターリーグやっと1部昇格して、いきなりクラシコで勝ちました。久保が結構使えるので嬉しいです。ちなみにデニス・ローって確かマンCとマンUを行ったり来たりして、フィーゴ以上のひんしゅくをかったとかかわないとかって伝説のFWだよね?

  4. nanzuka

    今度は負けねえよ。ちなみに、マスターリーグやっと1部昇格して、いきなりクラシコで勝ちました。久保が結構使えるので嬉しいです。ちなみにデニス・ローって確かマンCとマンUを行ったり来たりして、フィーゴ以上のひんしゅくをかったとかかわないとかって伝説のFWだよね?

  5. お、nanzukaじゃないっすか。お初ですな。
    俺もマスター1部昇格したよ。ちなみに★2に落としました・・・。でもね、★2にすると一気に弱くなって昨日は8-0でラツィオを倒したよ。いまいち味気ないね。久保は俺も取ってるよ!かなり使える。ヘディング強すぎ。
    デニス・ローは俺しらなかったんだけど、すごいやつだったみたいだね。ビデオとかでプレーを見てみたいよ。今度買ってみんなで見よう!

  6. お、nanzukaじゃないっすか。お初ですな。
    俺もマスター1部昇格したよ。ちなみに★2に落としました・・・。でもね、★2にすると一気に弱くなって昨日は8-0でラツィオを倒したよ。いまいち味気ないね。久保は俺も取ってるよ!かなり使える。ヘディング強すぎ。
    デニス・ローは俺しらなかったんだけど、すごいやつだったみたいだね。ビデオとかでプレーを見てみたいよ。今度買ってみんなで見よう!

Leave a Reply


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください