comment 0

今日も鳩時計は「ぽっぽ、ぽっぽ」と鳴いている。

実家には壁に鳩時計が掛けられている。確か僕が3歳のときの誕生日プレゼントだった記憶があるのだけど、先日、実家に帰った時に「あの鳩時計って3歳の誕生日プレゼントだったよね?」と聞いたら「1歳じゃなかったっけ?」と母親が言い「いや、3歳だよ」と父親が言った。とりあえず2歳のプレゼントではないことはわかった。

今年で僕が40歳になるわけだから、ほぼ同じ人生(鳩生)を生きてきたわけだ。その間、休むことなく「ぽっぽ、ぽっぽ」と時を知らせてくれていた。40年近くも鳴いていればそりゃ不具合もでてくるようで、鳴き声が終わったらぱたんと扉を閉じるようになっているのだが、なかなか閉じなくなってしまった。

しばらく見ていても全く閉じる気配がしないので、ついに扉が閉じなくなってしまったのかな、と思ってたのだけど、ふとした時に視線を向けると扉は閉まっていた。人知れずこっそりと扉に隠れたい年頃なのかもしれない。両親が鳩時計を買った時計屋さんに不具合について相談したら、もう部品はないから直せないらしい。さすがにそうだよなと思いつつ、当時の時計屋さんが未だに存在していることにも少し驚いた。

鳩時計がある生活が普通だったので、我が家にもなんとなく鳩時計を買った。実家にあるような立派なものではなくて、無印良品で買ったとてもシンプルな鳩時計だ。電池がなくなってくると鳴き声がスローモーションになるところが可愛い。最近、1歳半になった娘が鳩時計といっしょに「ぽっぽ、ぽっぽ」と言うようになった。この鳩時計とも長い付き合いになりそうだ。

※ 写真は鳩ではありません。

コメントを残す